― 第1日目 4月28日(土) ―

日程表
画像をクリックするとPDFとして表示されます。

プログラム

< Sola city Hall , Terrace Room (サテライト)>

 特別講演9:00~10:00 

座長:斎藤 和夫(渕野辺総合病院)

「 私の整形外科に対する想いとSubspecialty 」

  聖マリアンナ医科大学名誉教授

  (公財)日本股関節研究振興財団理事長

  (公財)日本テニス協会医事委員会委員長

別府 諸兄 先生 

 

 招待講演10:10~10:40 

座長:越後 歩(札幌徳洲会病院)

「 知覚から手の動作を見て 」

  ‐ペットボトルのキャップを締めているとき,手は何を感じているのか‐

  埼玉県立大学保健医療福祉学部作業療法学科 

中田 眞由美 OTR 

 

 海外招待講演  (逐次通訳あり)10:40~11:50 

座長:越後 歩(札幌徳洲会病院)

「 Critical Thinking for Management of PIP Flexion and Extension Deficits 」

  Senior OT, Hand Specialty Service at the University of Colorado

  Principal consulting therapist of KSHULS, President of UE TECH Inc.

Karen S Schultz OTR 

 

 シンポジウムⅠ  新技術による手の解析12:00~13:20 

司会:齋藤 慶一郎(京都橘大学)

「 デジタルハンドを用いた手の運動計測・機能解析 」

  産業技術総合研究所人間情報研究部門デジタルヒューマン研究グループ

多田 充徳 先生

 

「 手・指の高速動作を測る 」

  北里大学一般教育部人間科学教育センター

永見 智行 先生

 

 

< Room C >

 特別企画  スプリント実技 海外ハンドセラピストに学ぶ14:00~17:00 

司会:大森 みかよ(聖マリアンナ医科大学病院)

助手:川端 佐代子(文京学院大学)

 

  Senior OT, Hand Specialty Service at the University of Colorado

  Principal consulting therapist of KSHULS, President of UE TECH Inc.

Karen S Schultz OTR

特別企画の参加方法について

4月28日(土) 8:30~8:50に
2F Reception Hall 入口にて整理券をお配りします.
先着順とさせていただきます.
参加費 無料   先着順 60名様
1F RoomB(サテライト会場)で視聴も可能
参加受付を終了した方に限ります.
参加人数に限りがありますことをご了承ください.

 

 

<Sola city hall East>

 一般演題(口述)Ⅰ 橈骨遠位端骨折114:10~14:50 

座長:奥村 修也(聖隷横浜病院)

O-Ⅰ-1 橈骨遠位端骨折後掌側ロッキングプレート固定術施行患者の機能的因子による患者満足度の判別基準と判別可否の割合

聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーション部 畑中 康志

O-Ⅰ-2 橈骨遠位端骨折後の早期握力獲得に向けての検討

医療法人慈和会吉田整形外科病院リハビリテーション科 水上 樹

O-Ⅰ-3 橈骨遠位端骨折術後の抜釘時評価によって得られた知見と改善点,反省点

慶友整形外科病院リハビリテーション科 坂井 力

O-Ⅰ-4 橈骨遠位端骨折における術後早期の疼痛は治療成績と関連する

社会医療法人財団慈泉会相澤病院整形外科センター 整形外科リハセンター 高橋 祐司

 

 一般演題(口述)Ⅱ 橈骨遠位端骨折215:00~15:40 

座長:原田 康江(聖隷浜松病院)

O-Ⅱ-1 橈骨遠位端骨折患者におけるIPU巧緻動作検査の有用性

    -大ペグ,返し動作の適用可能性-

獨協医科大学日光医療センターリハビリテーション部 須藤 誠

O-Ⅱ-2 橈骨遠位端骨折に合併したDRUJ不安定症に対するスプリント療法の効果

国民健康保険能美市立病院リハビリテーション科 山田 ともみ

O-Ⅱ-3 橈骨遠位端骨折術後における超音波療法有用性の検討

菅間記念病院リハビリテーション科 横田 里奈

O-Ⅱ-4 橈骨遠位端骨折術後における手指拘縮と術後成績

    -血管年齢との関係について-

医療法人友和会鶴田整形外科リハビリテーション部 佐野 友香

 

 一般演題(口述)Ⅲ 指外傷15:50~16:30 

座長:古田 裕之(飯田市立病院)

O-Ⅲ-1 中手骨骨折に対するsafety position保持を目的としたスプリント使用経験

社会医療法人玄真堂川嶌整形外科病院リハビリテーション部 岸本 進太郎

O-Ⅲ-2 中手骨骨折および指節骨骨折に対する新しいナックルキャスト法

    -ギプス療法中でも“使える手”を目指す-

西能クリニックリハビリテーション科 髙野 芽依

O-Ⅲ-3 示指から小指の特発性伸筋腱脱臼に対する術後セラピィの経験

済生会小樽病院手肘センター 山中 佑香

O-Ⅲ-4 腹壁皮弁中から母指CM関節の運動を行い早期につまみ・握り動作を獲得した症例

筑波メディカルセンター病院診療技術部リハビリテーション療法科 高村 順平

 

 

<Sola city hall West>

 一般演題(口述)Ⅳ 腱損傷14:10~15:00 

座長:茶木 正樹(中日病院名古屋手外科センター)

O-Ⅳ-1 24年に及ぶ陳旧性屈筋腱断裂術後に対する早期運動療法の経験

医療法人埼玉成恵会病院リハビリテーション科 坂 幸太郎

O-Ⅳ-2 渡邉法による手指屈筋腱断裂の治療成績と外来早期運動療法の試み

名古屋掖済会病院リハビリテーション科 稲垣 慶之

O-Ⅳ-3 木森法による母指対立再建術後早期運動療法とその治療成績

独立行政法人国立病院機構呉医療センター中国がんセンター リハビリテーション科 高橋 健友

O-Ⅳ-4 手指伸筋腱皮下断裂例における再建術後の早期自動運動療法の検討

財団法人新潟手の外科研究所病院 吉澤 沙紀

O-Ⅳ-5 腱性マレット指においてDIP関節伸展不全が残存する要因

愛野記念病院手外科センター 山田 玄太

 

 一般演題(口述)Ⅴ 変形性関節症・他15:10~16:00 

座長:阿部 幸一郎(東京手の外科・スポーツ医学研究所)

O-Ⅴ-1 手指の変形性関節症に対する夜間スプリント療法の短期的効果について

市立伊勢総合病院リハビリテーション室 中林 容子

O-Ⅴ-2 母指CM関節症に対するスプリント装着後の経時的変化について

    -6か月・9か月・12か月の評価結果の比較-

にしかわ整形外科・手の外科クリニック 及川 友和

O-Ⅴ-3 母指CM関節症に対する北里式機能的装具による装具療法の効果

北里大学東病院リハビリテーション部 佐々木 秀一

O-Ⅴ-4 Dupuytren拘縮に対するザイヤフレックス®注射療法の短期成績

医療法人結喜会たぐち整形外科クリニック 佐伯 匡司

O-Ⅴ-5 Dupuytren拘縮に対するハンドセラピィ比較

    -コラゲナーゼ注射VS手術治療-

神戸労災病院中央リハビリテーション部 浅田 雅樹

 

 一般演題(口述)Ⅵ 臨床実践116:10~16:40 

座長:安永雅美(文京学院大学)

O-Ⅵ-1 尺骨突き上げ症候群に対する尺骨短縮術のリハビリテーションの治療経験

山口県済生会下関総合病院リハビリテーション科 椙田 芳徳

O-Ⅵ-2 犬咬創骨折後に慢性化した疼痛へのセラピィ経験

医療法人瑞洋会田中整形外科病院リハビリテーション科 有光 幸生

O-Ⅵ-3 翼状手に対する作業療法の経験

太田総合病院リハビリテーション室 梅原 侃奈

 

 

<Terrace Room >

 一般演題(口述)Ⅶ 評価114:10~15:00 

座長:飯塚照史(星城大学)

O-Ⅶ-1 手関節における関節回転軸の体表測定法について

新潟医療福祉大学作業療法学科 藤目 智博

O-Ⅶ-2 リバースダーツスロー・モーションにおける手関節の三次元動態解析

大阪行岡医療大学医療学部理学療法学科 粕渕 賢志

O-Ⅶ-3 手指における終止腱滑走距離の測定-超音波を用いた測定の信頼性-

地方独立行政法人徳島県鳴門病院リハビリテーション部 山家 恭平

O-Ⅶ-4 手指伸展およびHook grip時の中指屈筋腱縦径変化に関する予備的研究

    -超音波検査装置を用いた検者内信頼性の検討-

地方独立行政法人徳島県鳴門病院リハビリテーション部 里浦 雅也

O-Ⅶ-5 当院における御遺体を使った臨床に即した解剖見学の取り組み

    -作業療法士は何を学んだか-

千葉大学医学部附属病院リハビリテーション部 今田 泰裕

 

 一般演題(口述)Ⅷ 評価215:10~15:50 

座長:井部 光滋(札幌徳洲会病院整形外科外傷センター)

O-Ⅷ-1 母指の義指と示指の母指化術で再建された母指の巧緻動作をSTEFとPurdue Pegboard Testで検討して

湘南鎌倉総合病院リハビリテーション科 大橋 有香

O-Ⅷ-2 正常手関節におけるFinger Trap牽引機器を用いた手関節腔開大距離及び開大持続時間,可動域の検証

熊本機能病院総合リハビリテーション部 原田 茂明

O-Ⅷ-3 手関節持続牽引がTFCCの痛み感受性に与える影響

高知大学医学部附属病院リハビリテーション部 大石 大

O-Ⅷ-4 健常者におけるDIP関節の固定が握力に及ぼす影響

医療法人慧明会貞松病院リハビリテーション科 杉野 美里

 

 一般演題(口述)Ⅸ 評価316:00~16:40 

座長:武藤 光弘(岩田整形外科)

O-Ⅸ-1 手根管症候群術後患者におけるローゼンスコアの重症度別推移

北アルプス医療センターあづみ病院リハビリテーション科 村井 貴

O-Ⅸ-2 HADSが手根管症候群の術前後に及ぼす影響

香川大学医学部附属病院リハビリテーション部 瀬尾 滉貴

O-Ⅸ-3 Michigan Hand Outcomes Questionnaire日本語版(MHQJ)の満足度に関連する因子の調査

相澤病院整形外科センター整形外科リハセンター 櫻井 利康

O-Ⅸ-4 手外科疾患における疾患特異的QOL評価表の開発

    -肘部管症候群質問表試案の再現性と妥当性-

一般社団法人日本ハンドセラピィ学会機能評価委員会QOL評価班 野中 信宏

 

 

<ポスター ホワイエ会場>

 一般演題(ポスター)Ⅰ 軟部組織損傷14:00~15:00 

座長:野中 信宏(愛野記念病院手外科センター)

P-Ⅰ-1 ZONEⅠ・Ⅱにおける手指屈筋腱断裂術後-伸展位固定法による治療成績-

溝口外科整形外科病院リハビリテーション科 古川 達也

P-Ⅰ-2 陳旧性屈筋腱断裂後のPIP関節屈曲拘縮を生じた症例の治療経験

医療法人社団楓会林病院リハビリテーション部 深江 亜希子

P-Ⅰ-3 当院における長母指屈筋腱縫合術後の後療法

溝口外科整形外科病院リハビリテーション科 川辺 啓

P-Ⅰ-4 母指CM関節症に対しSuture button suspension法を用いた症例の術後成績について

四谷メディカルキューブ手の外科・マイクロサージェリーセンター 竹田 絵理子

P-Ⅰ-5 母指CM関節症に対するスーチャーボタンを併用した靭帯再建関節形成術(LRSA)の術後1年間の経過報告

福岡山王病院リハビリテーションセンター 榎田 真吾

P-Ⅰ-6 三角線維軟骨複合体損傷に対する術後リハビリテーションについての検討

京都大学医学部附属病院リハビリテーション部 前田 暁美

 

 一般演題(ポスター)Ⅱ 臨床実践215:00~16:00 

座長:谷村 浩子(京都滋慶学園京都医健専門学校)

P-Ⅱ-1 橈骨遠位端骨折後患者における術後4週時点でのPRWE-Jに影響する因子の検討

    -運動機能と心理機能に着目して-

福岡リハビリテーション病院リハビリテーション部 水之江 彩

P-Ⅱ-2 橈骨遠位端骨折術後患者の可動域経過における関係因子の検討

JCHO東京高輪病院リハビリテーション室 成田 大地

P-Ⅱ-3 示指PIP関節尺側脱臼骨折後の伸展拘縮に対するハンドセラピィの報告

社会医療法人岡本病院(財団)京都岡本記念病院リハビリテーション科 矢野 ひかり

P-Ⅱ-4 肘関節周辺外傷術後患者の伸展可動域制限の一要因について-筋出力自己調節能の指標を用いて-

獨協医科大学埼玉医療センターリハビリテーションセンター 高橋 里奈

P-Ⅱ-5 腕神経叢損傷患者に対する部分尺骨神経および部分正中神経移行術後の知覚変化についての検討

京都大学医学部附属病院リハビリテーション部 山脇 理恵

P-Ⅱ-6 当院における手指拘縮に対するスプリント療法の試み

JCHO東京高輪病院リハビリテーション室 東田 翔平

 

 一般演題(ポスター)Ⅲ 評価416:00~16:50 

座長:藤目 智博(新潟医療福祉大学)

P-Ⅲ-1 FDS腱滑走距離の測定 -デジタル超音波画像診断装置を使用して-

順天堂大学医学部附属静岡病院 鈴木 建宏

P-Ⅲ-2 物体把握動作における手掌アーチの形成と協調運動の分析

    -手掌アーチの効果的な協調運動を誘起する物体把握の提案-

広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 土手 章史

P-Ⅲ-3 振動刺激による上腕三頭筋の筋力および筋活動量抑制効果

北海道文教大学人間科学部作業療法学科 白戸 力弥

P-Ⅲ-4 運動学習段階を捉える新規的指標の開発に関する基礎的研究

    -健常若年者と高齢者の比較-

星城大学リハビリテーション学部 飯塚 照史

P-Ⅲ-5 Action Observation Therapyは健常成人の手関節自動運動可動域に影響を与えるか?

北里大学メディカルセンターリハビリテーションセンター 薄木 健吾

 

― 第2日目 4月29日(日) ―

日程表
画像をクリックするとPDFとして表示されます。

プログラム

< Sola city Hall >

 モーニングレクチャー8:20~9:20 

座長:佐藤 彰博(弘前医療福祉大学)

「 ハンドセラピィのエビデンスを構築するRCTの研究方法と実践 」

東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系 笹井 浩行 先生 

 

 シンポジウムⅡ  肩関節障害とハンドセラピィ9:30~11:00 

司会:荒木 寿和(松戸整形外科リハビリテーションセンター)

「 肩の診かた,治しかた,考えかた 」

北里大学医学部整形外科 見目 智紀 先生 

 

「 肩と手指の機能を考慮した着眼点と介入について 」

松戸整形外科病院リハビリテーションセンター 遊佐 隆 先生  

 

 シンポジウムⅢ  超音波画像を用いた手の評価とハンドセラピィ11:10~12:40 

司会:田口 健介(東京慈恵会医科大学附属病院)

「 手外科における超音波診療 」

昭和大学医学部整形外科 根本 哲也 先生 

 

「 ハンドセラピィにおける超音波画像診断装置の活用について 」

田北病院リハビリテーション部 吉村 加織 OTR 

 

 

 

<Terrace room会場>

 一般演題(口述)Ⅹ 肘関節外傷11:10~11:50 

座長:高橋里奈(獨協医科大学埼玉医療センター)

O-Ⅹ-1 良好な成績を得たterrible triad・橈尺骨遠位端骨折同時受傷の1症例への急性期ハンドセラピィ経験

福山市民病院医療技術部リハビリテーション科 藤井 裕康

O-Ⅹ-2 靱帯損傷をともなう肘関節周囲骨折における当院の治療成績

独立行政法人国立病院機構呉医療センター中国がんセンター リハビリテーション科 藤田 竜伍

O-Ⅹ-3 外傷性肘関節伸展拘縮に対する関節授動術後の安静時屈曲用スプリントの効果について

名古屋掖済会病院リハビリテーション科 川口 稚乃

O-Ⅹ-4 肘関節運動を可能とした前腕回旋制限スプリントの有用性

地方独立行政法人那覇市立病院リハビリテーション室 澤田 歩

 

 一般演題(口述)Ⅺ 肩関節・その他12:00~12:40 

座長:西村 誠次(金沢大学医薬保健研究域保健学系)

O-Ⅺ-1 ハンドセラピィ患者における肩関節障害の検討

JA北海道厚生連帯広厚生病院医療技術部作業療法技術科 大本 慎也

O-Ⅺ-2 肩腱板損傷術後の1年間の機能経過と患者立脚型評価の経過について

渕野辺総合病院 リハビリテーション室 中里 和也

O-Ⅺ-3 ハンドセラピィ期間中に生じた合併症の検討-作業療法士における合併症の認識度調査-

帯広厚生病院作業療法技術科 山本 和洋

O-Ⅺ-4 ハンドセラピィにおける破局的思考とDASHとの関連

弘前大学医学部附属病院リハビリテーション部 西村 信哉

 

 

 

<ポスター ホワイエ会場>

 一般演題(ポスター)Ⅳ 臨床実践211:10~12:00 

座長:西出 義明(もり整形外科・リウマチ科クリニック)

P-Ⅳ-1 肘関節terrible triadに修復を要する内側側副靱帯断裂を伴った症例に対するハンドセラピィの小経験

医療法人札幌円山整形外科病院リハビリテーション科 早崎 涼太

P-Ⅳ-2 上腕骨外側上顆炎に対する小切開病巣切除術後の短期術後経過報告

福岡山王病院リハビリテーション科 塚本 和代

P-Ⅳ-3 上腕骨外側上顆炎に対する各種疼痛誘発テストの健常者および有症状者の陽性率

北海道文教大学人間科学部作業療法学科 金子 翔拓

P-Ⅳ-4 複合組織損傷例に対する腱剥離術後のハンドセラピィの経験

越谷誠和病院リハビリテーション科 田中 龍一

P-Ⅳ-5 デュプイトレン拘縮に対するコラゲナーゼ注射後療法の経験

たいら手の外科・整形外科リハビリ室 齋藤 愛

 

 一般演題(ポスター)Ⅴ 臨床実践312:00~12:50 

座長:笹原 寛(済生会山形済生病院)

P-Ⅴ-1 Pain Vision®によるCRPSの疼痛評価の経験

獨協医科大学埼玉医療センターリハビリテーションセンター 秋山 洋輔

P-Ⅴ-2 手指複合損傷例の卓球再開を目標にOBP2.0を活用した症例

獨協医科大学日光医療センターリハビリテーション部 鎌田 春香

P-Ⅴ-3 バイオリン奏者の左小指MP関節スナッピングに対する装具療法の経験

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 リハビリテーションセンター 牧野 亜由美

P-Ⅴ-4 日常生活動作における手関節運動の分析-粗大動作に注目して-

広島大学大学院医歯薬保健学研究科応用生命科学部門 上肢機能解析制御科学 山元 優輝

P-Ⅴ-5 海老名市少年野球肘検診での関わり

渕野辺総合病院リハビリテーション室 工藤 大志

 

 

 連絡・問い合わせは下記メールアドレスにお願い致します.

 

 第30回日本ハンドセラピィ学会学術集会事務局

 

 jhts30th@gmail.com